当サイトのリンクは全て国内・合法サイトです。海外サイトや違法サイトへのリンクは一切ありませんので安心してご利用下さい

「噂のTinder」無料でやってみた!

エロい男性向け

「実際出会えるの?」「お金がかかるのでは?」など、未経験の人にはまだ謎の多い輸入版出会い系アプリのTinder。ライターのTetsuが実際にやってみました。

日本でもWeb広告や街頭広告が増えてきて、少しずつ知名度が上がっている感じです。Tinderは2012年に生まれたマッチングアプリで、190か国以上に展開しているそうです。

アプリをインストールして、メールアドレスと携帯番号、プロフィールを入力します。プロフィールはニックネームと年齢、写真、自己紹介文、興味あること、などです。

メッセージのやり取りをするためには、運転免許証などの画像を撮影して送る必要がありますが、難しくはありませんでした。また実際の年齢とプロフィールの年齢が一致していなくても(笑)問題はないようです。

設定として、マッチングしたい相手の性別(=LGBTを考慮)と年齢(レンジ)を入力し、さらに自分の現在地から何キロ離れた人までを検索するのかを決めます。

インストールから実際にマッチングを始めるまで10分程度です。

開始すると、条件に合った異性の写真とプロフィール、そして現在地からの距離が表示されます。他のマッチングアプリではリスト形式が多いですが、Tinderは一人ずつ表示され、気に入ったら画面右にスワイプします(LIKE)。相手もLIKEしてくれたら「マッチ」と表示されます。表示された人がちょっと違うなというときは、左にスワイプします。

メールのやり取りは、マッチした

ここまで、Tinderでは無料となります。ただしLIKEを50回ほどすると無料での回数上限となり、12時間はLIKEできなくなります。Tinder PLUSという有料ステータスに入るとLIKEが無限でできるようになりますが、場所や条件によっては検索結果のお相手の数がそんなに多くないケースも生じます。

Tetsuは、最初の無料LIKEで2日以内に3人の女性とマッチができました。

一人は近くにいるはずなのに台湾人、2人目は近くの地元の人、3人目は90kmほど離れた人。

あれ?3人とも顔写真を載せていない・・

Tinderでは掲載写真に「顔」という制限がなく、6枚までいろいろな写真を掲載できるようになっています。「顔出しNG」の人には良いかもしれません。

結局、台湾の人は2日ほどメールをやり取りしていたら「投資に興味ないですか?」という国際ロマンス詐欺的な流れになりサヨナラしました。あとの二人はまだメール交換しています。

でも、メールの返事が時々しか来ない。もしかすると自分以外にもマッチの相手がたくさん・・?

【Tinderの良いところ】かなりの機能を無料で使えることと、思った以上に参加している人が多いこと。初めての人は、何人かマッチできる可能性はあると思います。顔出しNGの人でも趣味などの写真でアピールできるのもいいですね。

「既婚です」と書いている女性もチラホラ見かけましたので、秘密の恋愛を考えている人も良いかもしれません。TwitterでTinderDate(その日限りの恋愛)という言葉もあるようですから、日本もそのような風潮が生まれるかもしれません。

【TInderのイマイチなところ】無料の機能に限界があるところ。「この人いいな!」という人にはSUPERLIKEという機能もあるのですが、無料ではほとんど使えません。また一度左にスワイプしてしまうと、後で戻せないのもつらいです。(有料では戻す機能があります)

そしてTetsu的にかなり不満だったのは、「まだマッチしていない相手にはメール送信ができないので、こちらから積極的に声をかけることができないこと」です。この点は、日本国内のマッチングサイトにちょっと負けている気がします。

いかがでしたか?まだ試していない人はTinder一度試してみてください。そして「やっぱり日本のマッチングサイトがいいな」という人は、Tetsuおすすめの「ハッピーメール」「Jメール」もどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました